試験マイスター

コツさえつかめば以外と簡単!?推薦入試の小論文の書き方のコツ

必見!推薦入試徹底攻略情報

女の子

推薦入試の流れ

「推薦入試はどうやって受けるの?」「当日には何をする?」などの不安を解決すべく、推薦入試の流れを徹底解説。
推薦入試に備えて必要な手続きや流れを把握しておけば、安心して試験に挑むことができます。
全体的な流れを把握して当日は焦らずに実力を出せるようにしましょう。

READ MORE
原稿用紙

小論文の書き方例とコツの応用

基本の小論文攻略ポイント3つを覚えたら、さらにレベルアップを目指してみましょう。小論文の書き方例とコツの応用で、一際輝きを放つ小論文が書けます。他を大きく引き離すハイレベルな文章構成力を獲得する方法をご紹介。

READ MORE
生徒

推薦入試の小論文テーマは?

推薦入試の小論文テーマにはどういったものがあるのでしょうか。過去の大学入試小論文テーマを一部ご紹介。自分の行きたい専攻などから過去のテーマをチェックしておきましょう。

READ MORE
原稿用紙と筆記用具

小論文の書き方・お悩み解決Q&A

「ココが落とし穴!」陥りやすい小論文の書き方の問題と、お悩み解決をQ&A形式で解説します。実際に小論文の書き方で悩んでいる人は、どのような部分に苦しんでいるのでしょうか。お悩み例を参考に、小論文の落とし穴やトラップを回避しましょう。

READ MORE

試験向けの文章を書くコツ

女子学生

構成するパターンをインプット!

小論文のパターンは〔テーマとなる問題の提起〕⇒〔自分の意見に対する反対意見への理解〕⇒〔自分の意見を主張〕⇒〔意見の理由を説明〕⇒〔最後に要約した結論を述べる〕となります。
この主軸をはっきりさせておくと、内容がぶれずに整理された小論文の書き方ができますよ。
各文章パーツを作って、適切な接続詞でつなぎ合わせるようにしましょう。

パターンで文字数の配分を行なう

配分を決めずに作文や文章を書いていると、文字数不足・文字数過多が起きやすくなります。
配分調整で時間を無駄にロスしないために、必要文字数を配分してから作成しましょう。
目安としては問題提起(全体文字数の10%)・反対意見の理解(全体文字数の20%)・意見の主張(全体文字数の20%)・理由(全体文字数の40%)・結論(全体文字数の10%)程度と考えておくと良いでしょう。

自分の言葉で考えや体験を伝える

本やネットを見たら誰でも同じ内容が書ける小論文では、相手に響くことはありません。
問題に反対・賛成ではなく、自分がどう考えて賛成なのかなど自分の言葉で説明する必要があります。
展開・理由付けで他人の体験を例に挙げた場合でも、そのことについて自分の感じたことや考えを述べましょう。
そうすることで、中身のある小論文を書く事ができます。

[PR]

小論文の書き方を特徴ごとに紹介!
受験対策のために確認しよう 推薦入試の疑問をすぐに解決!
役に立つ情報を分かりやすく解説!

[PR]

広告募集中